多汗症におすすめの入浴法

夏場は嫌でも汗をかきます。この夏場の汗を少しで抑えるように、夏になる前から準備をしましょう。
まず、その入浴法を解説します。浴槽に熱めのお湯を20-30センチ張ります。温度は43-44度くらいです。その中にお風呂の椅子を入れて、そこに座ってみてください。そして、足の膝から下と、腕の肘から指先までをその熱めのお湯に浸します。5分くらいで、汗が大量に出始めます。そのまま10-15分つかります。

手足には汗腺の予備力が一番多く、その機能を高めるのに最も効果的な方法といえます。また、この入浴法は交感神経を刺激するので、この入浴法をしたら、お湯を足してぬるめの温度で今度は半身浴をしましょう。これで、交感神経が静まり、副交感神経が優位になります。こうして自律神経のバランスを取ります。

地球上の暑い地域に住んでいる人たちは、あまり汗をかきません。長い間その土地で生まれ育った人たちは、基礎代謝が比較的低く、熱の生産量が少なく、そして、皮膚温が上がることで、熱の放出が活発になり、汗を多くかく必要性が少なくなります。さらにこうした熱い地域で生活していれると、少量の汗でも体温調節できるように汗腺が訓練されてその機能が高まるのです。このことを長期暑熱順化と呼びます。

この入浴法法は、短期暑熱順化を試みる方法です。ぜひ試してみてください。

お風呂から出たらとき汗でますよね。その時すぐに扇風機に当たったり、クーラーの真下に来たりしていませんか。それはNGです。
体をタオルでよく拭いて、自然の風やうちわを仰いで汗を蒸発させないとです。特に首筋や腋の下をうちわであおぐといいですよ。こうしてゆっくりと体を冷やして、体温を下げていきましょう。また、服は体の熱が冷めてから着るようにします。

クーラーや扇風機の風にあたって冷やした場合は、体の表面はすぐに冷えていきますが、脳の温度は高いままで、寝たときに極端な汗をかくことがあります。
気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です